トップ マッサージ口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

マッサージ口コミナビあん摩・マッサージの施術 > あん摩は揉む施術

あん摩は揉む施術

あん摩は揉む施術の画像

あん摩は手技の中でどのような技を使う施術なのでしょうか。

あん摩と一言でいっていますが、あん摩のあんは「押さえる」という意味。

摩は「なでる」という意味を表しています。

これら二つを組み合わせ、現代ではどちらかというと「揉む」という施術の中心としてあん摩をとらえているようです。

あん摩の技法には、日本で主流とされているものは大きく分けると二つの流派があります。

ただし、どちらの流派においても刺激の与え方についてはと東洋医術の考え方を組んだものとなっており、普通は衣服の上からの施術、遠心性と言われる手法を使っての施術をすることとなっています。

こうしたあん摩の手技の効果としては、循環機能の改善が一番の効果として挙げられています。

血流の改善、リンパの流れの改善、促進を中心として、筋肉の疲労の回復、代謝の増進などを目的として施術を行います。

自律神経を刺激することによって内臓の働きも活発になるため、消火器、呼吸器の症状の改善を見込むこともできます。

東洋医学の流れをくんだ施術なので、患部が限られている場合でも、その患部自体に手技を与えるとは限らないのがあん摩の手法でもあります。

たとえば頭痛が起こっている場合、その症状を改善するために足の経路の流れを改善するように揉む、ということが効果的である場合があります。

これは経路という考え方を使った東洋医学の見地からの方法であり、あん摩ではこのような手法を用いていることが多く見られるのが特徴です。

日本で広く用いられているあん摩の流派は二つありますが、現在ではそこからさらに主義や主張を分けている流派もあるので、一概にどちらかの流派にあてはめることはできません。

ただし、一般的にあん摩の手技や施術では、「痛気持ちいい」と感じる施術が多く、ちょっと痛いくらいの強度で施術することが多いようです。

あん摩の施術を受ける場合には、こうした基礎知識を持って臨むようにしましょう。

経路を理解した施術を受けないと、症状が再現されることも多いようなので気をつけましょう。

今日のお勧め記事 ⇒ 指圧は押す施術

指圧はあん摩やマッサージと同じような施術と思われがちですが、その手技を見てみると、押す技術を使う施術となっています。 指圧の押す技術は大きく分けると3つに分けることができます。 一つ目は垂直圧といわれる技術です。 これは体の表面に垂直に、安定した圧力で押す、という方法です。 自分の体重を使ってゆっくりと相手に寄り掛かっていくような勢いで圧力をかけます。 無理やりに力を込めて押す必要はありません。 この寄りかかるような圧力によって、これを受けている受け手のほうも、自然とその圧

マッサージ口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。