トップ マッサージ口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

マッサージ口コミナビあん摩・マッサージの内容 > 療養費支給申請書とは

療養費支給申請書とは

療養費支給申請書とはの画像

あん摩やマッサージは基本的には健康保険を適用することはできません。

医師が行うような診断行為をすることがマッサージを業とする人にはできないためです。

ただし、これらのあん摩やマッサージの施術にも、健康保険を適用することができる場合があります。

それは、特定の疾病や傷病への対応のため、と医師が同意し、その同意に基づいて施術が行われる場合です。

まず初めに医師の同意書を持参して診療を受ける必要がありますが、それから定期的に施術を受けることができるようになった場合でも、毎月申請しなくてはならないのが療養費の支給。

これを支給してもらうことによって、施術の一部を健康保険組合が負担することになるのです。

つまり、この支給によって保険治療内での経営が成り立つということになるのです。

この支給をしてもらうために提出するのが療養費支給申請書です。

ここには、疾病や傷病の名称や施術を受けている回数や頻度などが記載されており、施術を実際に受けている人のサインをして初めて効力を持ちます。

ですから、なんらかの疾病や傷病があって治療院に通っている人は、この書類にサインを求められたことがあるのではないでしょうか。

これを提出しなければ保険の適用がありませんから、保険適用の施術として受けている場合には、必ずこの書類にサインをしているはずです。

この書類は基本的には毎月申請する必要があるため、毎月作成することになります。

気をつけてほしいのは、この書類にサインする場合の状況です。

白紙の状態の申請書にサインをする場合がありますが、それでは内容名称の確認をすることができません。

名称や回数、頻度などを確認した上で、このような内容で申請いたしますという意味で、自分でサインをする必要があるのですが、先にサインをしてしまえば、その後内容を改ざんすることができてしまう、ということになります。

ですから、不正請求などを防ぐためには、毎月記載内容をチェックしながらサインをする、ということが必要となるのです。

今日のお勧め記事 ⇒ あん摩・マッサージ師の専門学校

あん摩・マッサージとして仕事をするためには、文部省や厚生労働省が認可している専門学校などで学び、国家資格を取得する必要があります。 このためだけの専門学校もありますが、鍼灸の学校の一部のカリキュラムとしてあん摩・マッサージの勉強ができるようになっているところもあるので、自分がどのように資格を取得するのかによって学校を選択するといいでしょう。 最近の傾向としては、あん摩・マッサージ単独の資格だけで仕事をする、という人は少なく、はり師、きゅう師と合わせて取得し、総合的にアプロー

マッサージ口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。