トップ マッサージ口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

マッサージ口コミナビあん摩・マッサージの内容 > あん摩・マッサージの施術の内容

あん摩・マッサージの施術の内容

あん摩・マッサージの施術の内容の画像

あん摩やマッサージの内容にはいろいろなものがあります。

施術をしてくれる人がどの資格を有しているのか、ということにもよります。

あん摩とマッサージの資格の他に、はり、きゅうの資格を併せて取得する、という人も多いのですが、総合的な施術を行うためには、この3つの資格を持っているといいと言われますし、施術を受けるほうも的確な施術をしてもらうことができていいのではないでしょうか。

基本的な内容としては、指圧の手技を使って人体の調子を整えていく、ということになります。

基本的な指圧の手技としては、なでる、押す、もむ、たたく、という基本があります。

これらを組み合わせて施術を行うのがあん摩やマッサージの内容となるのです。

基本となるのは、手技である、ということです。

器具を使っての施術はあん摩やマッサージでは基本にはありません。

養成所や学校でも、教えてくれるのは手を使った技術であり、器具での施術は基本としては学習しないのです。

これは、そのほかの療法と合わせ、手技療法と言われています。

手技療法では国家試験に合格し、厚生労働大臣に免許を受ける必要があります。

あん摩やマッサージを施す場合には、怪我や病気などによって体に変調のある人が対象となることがほとんどです。

高齢による筋肉の衰えなどもこれにあたります。手技を使って施術をすると、こりがほぐれたり、血行が改善されたり、痛みが軽減されたり、体力を回復させることができると言われています。

骨折のあとのリハビリなどでもこうした手技が有効とされる場合もありますね。

内容は、あん摩やマッサージを受ける人の状況がどのようであるかによって変化するのですが、なでる、押す、もむ、たたく、という手による技術を組み合わせて効果的な施術を行っていくのです。

状況の変化によって段階的に手技を変更していくこともありますし、回数を減らしていく、という場合もあります。

自分の置かれている状況にどのような施術が必要なのか、ということは医師に相談しながら選択していくようにしましょう。

今日のお勧め記事 ⇒ あん摩・マッサージと無資格の問題

あん摩やマッサージについては、資格を有している人が業としてマッサージを行うことができる、としています。 また、医師についてはこの限りではなく、マッサージを行うことができます。 ただし、最近でも問題になっているのが無資格者による営業の問題です。営業所の名称がどうであるにせよ、マッサージを業として行う場合には、医師、またあん摩マッサージ指圧師の資格を有している人が行わなくてはなりません。 ですから、たとえば整体、カイロプラクティック、足つぼ、リフレクソロジーなど、それぞれの名称

マッサージ口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。