トップ マッサージ口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

マッサージ口コミナビあん摩・マッサージの位置づけ > あん摩・マッサージと無資格の問題

あん摩・マッサージと無資格の問題

あん摩・マッサージと無資格の問題の画像

あん摩やマッサージについては、資格を有している人が業としてマッサージを行うことができる、としています。

また、医師についてはこの限りではなく、マッサージを行うことができます。

ただし、最近でも問題になっているのが無資格者による営業の問題です。営業所の名称がどうであるにせよ、マッサージを業として行う場合には、医師、またあん摩マッサージ指圧師の資格を有している人が行わなくてはなりません。

ですから、たとえば整体、カイロプラクティック、足つぼ、リフレクソロジーなど、それぞれの名称は異なっているとしても、これらの営業はマッサージ業務の類似行為である、というのが正しい見解となります。

ただし、これらの問題については、かつての最高裁の判決により、人体の健康に害を及ぼす、という認定をしないと違反として処罰することができない、という見解が出されているため、その実証が難しく、グレーゾーンとされているのが現実だといわれています。

そのため、業界団体も、これらの状況については改善し、解決を図りたいとしており、協議がされているのが現状です。

もちろん、あん摩・マッサージ師として業務を行う場合に資格がなくてはならない、というのは当然の問題です。

これらの無資格者に対しては、厳正に処罰するべきとされています。

現在はこれに加え、医療機関で厳密には資格を保持していない柔道整復師や鍼灸師によるマッサージ行為が問題となっているところもあります。

これについても保険請求がされれば問題となるのですが、厳密に線引きができていないところも多々あります。

これらの問題をどう解決すべきなのか、ということについては国会でも審議がなされており、今後の動向には注目すべきだと言えるでしょう。

資格があるかないかを判断するのは施術を受ける側からしたら難しい問題だと思いますが、現実的にどのような問題を起こす可能性があるのか、ということは知識として認識しておく必要があるのではないでしょうか。

今日のお勧め記事 ⇒ あん摩・マッサージを受ける期間

あん摩やマッサージでは、どのくらいの期間受けることが妥当なのでしょうか。 適切なマッサージの期間などは設定されているのでしょうか。見てみることにしましょう。 あん摩やマッサージの頻度や期間を考える場合には、どんな理由によってこれらの施術を受けるのか、ということを再度確認してみる必要があるでしょう。 たとえば筋肉をいためたことによってマッサージなどを受ける場合には、その筋肉の状態が改善されたと感じることができるまで、具体的な機能が改善されるまで継続させることが必要となります。

マッサージ口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。