トップ マッサージ口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

マッサージ口コミナビあん摩・マッサージの位置づけ > あん摩・マッサージの日本での位置づけ

あん摩・マッサージの日本での位置づけ

あん摩・マッサージの日本での位置づけの画像

あん摩やマッサージについて調べていますが、これらの施術では筋肉や皮膚に手を使って刺激を与え、疲労を除去したり、こりや緊張状態をほぐし、状態の改善につとめる、ということを主にしています。

調べてわかるように、これは国家資格を有するものが施術する必要があり、その資格を取得するためには決められた施設や学校などで3年以上の学習をすることが求められています。

こうした資格を取得していないと無資格での施術、ということになるので、施術をしてもらう際にも資格を有している人の施術であるかどうか、ということを確認することが必要となってくるのです。

歴史をさかのぼると、本来これらの施術は中国から伝わってきたものだといわれています。

最初に伝わったのはあん摩の施術であるといわれ、そこから独自で指圧という施術が発展していきました。

これに対してマッサージは西洋の施術であるといわれ、これが医学と結びつくことで生まれてきました。

日本に伝わってきたのは明治時代。ドイツなどからもたらされたものだと言われています。

こうして見てみると、日本での位置づけとしては、独自に開発したものというよりも、それぞれ発達した国があり、そこから教わる形で導入するようになってきた、と考えるべきでしょう。

ですから、あん摩、マッサージそれぞれの施術を学ぶ上では、これらの技術に対する理論も学ぶ必要があり、発達してきた国での理論などを取り入れて学ぶことが必要となるわけです。

たとえばマッサージの理論では、人体の構造を考慮し、手足などの末端から心臓に向かう形で行われるのが普通です。

これは医学的に効果が実証されている理論であり、これを逆にしてしまうと効果が半減したり、逆効果を生んでしまうこともある、ということを施術者は学んでおく必要があるのです。

また、東洋、西洋それぞれの理論を組み合わせ、いいところを取り入れて施術を行う、ということも必要になってきます。

症状や症例に応じて瞬時に判断し、どのような施術を取り入れていくか、ということを判断する必要がありますね。

今日のお勧め記事 ⇒ あん摩・マッサージを受ける期間

あん摩やマッサージでは、どのくらいの期間受けることが妥当なのでしょうか。 適切なマッサージの期間などは設定されているのでしょうか。見てみることにしましょう。 あん摩やマッサージの頻度や期間を考える場合には、どんな理由によってこれらの施術を受けるのか、ということを再度確認してみる必要があるでしょう。 たとえば筋肉をいためたことによってマッサージなどを受ける場合には、その筋肉の状態が改善されたと感じることができるまで、具体的な機能が改善されるまで継続させることが必要となります。

マッサージ口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。