トップ マッサージ口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

マッサージ口コミナビあん摩・マッサージ師 > あん摩・マッサージ師の国家試験

あん摩・マッサージ師の国家試験

あん摩・マッサージ師の国家試験の画像

あん摩・マッサージ師になるためには、日本では国家試験を受けることが必要です。

これは厚生労働省の管轄であり、認定されている学校において3年以上勉強し、試験に合格して初めて有資格者ということができます。

この勉強について、通信教育はありません。

必ず学校に所属して勉強することが必要になります。また、日本と外国とではこの資格についての要件や考え方が違うため、外国で勉強して学校を卒業したとしても国家資格は与えられないので注意しましょう。

学校はいくつかありますが、東洋医学の専門を学ぶ、という仕組みになっていることが多く、学校によって傾向が違う場合もありますので、事前に調べて自分に合っているところを選ぶべきでしょう。

大学入学までの資格を持つ人に限定していますが、医学的な内容の勉強も多く、高校卒業程度の知識が要求されることから設定されているようです。

また、職業柄、視覚障害者が資格を取得しようと勉強することもあるので、その場合は考慮されて受験ができるようになっています。

この場合も3年以上の知識、技能の習得が必要とされています。

試験が実施されるのは例年2月の下旬に設定されています。

会場は日本全国で6か所程度となっているので、必要に応じて会場を選択するようにしましょう。

首都圏では東京で、関西圏では大阪で受けることができるようになっています。

合格率を見てみると、例年80%程度が合格しています。

筆記のみですが、合格率から考えても、しっかりと準備して勉強しておけば、まず問題なく資格を取得することができる、というレベルなのではないでしょうか。

また、資格を取得して仕事をする、という上でははり師、きゅう師の資格を同時に取得して仕事に活かす、と考えている人が多いので、これから取得を考えている人は、やはりこの3つの資格の取得を全て目指していく方がいいでしょう。

就職の場の範囲は広いのですが、資格取得と同時に独立する、という人も少なくない国家資格だそうです。

今日のお勧め記事 ⇒ あん摩・マッサージの日本での位置づけ

あん摩やマッサージについて調べていますが、これらの施術では筋肉や皮膚に手を使って刺激を与え、疲労を除去したり、こりや緊張状態をほぐし、状態の改善につとめる、ということを主にしています。 調べてわかるように、これは国家資格を有するものが施術する必要があり、その資格を取得するためには決められた施設や学校などで3年以上の学習をすることが求められています。 こうした資格を取得していないと無資格での施術、ということになるので、施術をしてもらう際にも資格を有している人の施術であるかどう

マッサージ口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。